スタディサプリLIVEの基礎知識

スタディサプリLIVEは生放送だけど通信教育の映像授業とはどんなメリットがある?

更新日:

スタディサプリLIVEは生放送ですが、通信教育は一般的に映像授業が搭載されています。

もともとスタディサプリLIVEの生放送というのは映像授業の”リアル版”といったところで、生か録画の違いがあります。

映像授業のメリットやデメリット、そして生放送との違いについて説明します。

通信教育の映像授業とは?

通信教育 映像授業

通信教育の映像授業というのは、本物の講師が行っている風景を撮影したものとアニメーションなどによって行われるものの2通りがあります。

本物の講師の場合は「学校や学習塾にいる雰囲気」、アニメーションの場合は「エンターテインメントも加味した雰囲気」といった違いがあるんですね。

 

いずれにしても過去を学ぶことができる機能として、大学受験の総仕上げにピッタリの勉強ができるというもの。

とくに基礎の理解にはとても役立つ機能で、この映像授業があるかないかでは大きく結果が違ってくることもあるほど。

参考書で基礎の理解をしようとすると自分の力で読み解く必要がありますが、映像授業であればどちらのスタイルも講師によって教わることができるので効果的な勉強につなげることができます。

 

通信教育の映像授業はどんなメリットがある?

通信教育 映像授業

通信教育の映像授業にはどんなメリットがあるのか?

これには3つのポイントがあって、いずれも映像授業を選ぶ上で大切なメリットになります。

メモ

  • 学習塾のように通う必要がない。
  • 繰り返し見ることができるので聞き逃しなどの問題を解消できる。
  • 自分の見たい単元を選んで受けることができる。

このようなメリットから映像授業は人気があり、最近ではネットの通信教育が主流になりつつある要因のひとつでもあります。

 

やはり映像授業でいちばん大きなメリットは、なんといっても聞き逃しがないこと。

したがってもし学校などで聞き逃した場合でも、自宅でしっかりと復習することができるというわけです。

また録画なので繰り返し見ることができるのも大きなメリット。

1度目と2度目に見るときは、どこか見方も違って理解が深まるはず。

より理解が深まる勉強スタイルが映像授業、といっても過言ではありません。

 

通信教育の映像授業にあるデメリットは?

通信教育 映像授業

通信教育の映像授業ではデメリットもあって、イチガイにメリットばかりではありません。

まずいちばんのデメリットとして「質問ができない」ということが挙げられます。

当然といえば当然ですが、映像授業は”録画”なので質問することはムリなんですね。

 

聞きながらわからない部分を質問したいときは、やはり映像授業よりもスタディサプリLIVEのような生放送のほうがおすすめ。

即座な問題解決を考えると、どうしても映像よりサプリもスタディサプリLIVEなどの生放送のほうがスピーディ。

さらに通信教育なのでチャットなどで全国どこでも質問ができるので、映像授業では到底ムリな部分になります。

 

また映像授業のデメリットとして、リアルな”情勢”に沿った内容が把握できないことが挙げられます。

とくに大学受験の倍率などその場で変化する情勢に対して、あらゆる情報を取り入れて対応できるのがスタディサプリLIVEなどの生放送。

この辺りは映像よりもスタディサプリLIVEなどの生放送に分がありますね。

 

通信教育の映像授業には、このようにメリットデメリットがあります。

そのへんをしっかりと把握した上で、通信教育を考える必要があるというわけです。

とくに大学受験というのは情報戦の部分も大きい。

そう考えると映像授業よりも、生放送で授業を受けるほうがおすすめかもしれません。

 

さらに生放送では”その場で質問ができる”というのが大きなメリット。

とくにスタディLIVEサプリでは大学受験ギリギリの2月まで「神授業」をしてくれる講師が奔走してくれるので心強いですね!

 

情勢に沿った勉強のできるスタディサプリLIVEを詳しくチェック!

 

合わせて読みたい!

-スタディサプリLIVEの基礎知識
-

Copyright© スタディサプリLIVEが大学受験仕上げにおすすめ!入試直前ギリギリまで授業を受けられる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.